もしかしたら

「東京大学物語」という成人向けのマンガで、主人公が高校時代に彼女と教壇の中でエッチしていました。

販促品

夜の学校で主人公と彼女は教室にいます。そして教壇の中で少し話をして、エッチするというストーリーでした。途中で怖い先生が見回りにきて、主人公の彼女がなんとか先生にバレないようにしている場面もあり、いけない事をしているみたいでドキドキしました。

その本は兄が持っていました。私はその本を兄がいない時に盗み読みしていました。まだ高校生だった私は、もしかしたら私も教室でエッチする時がくるかもしれないと、興奮しました。

そして教室にある教壇を見ると、その話を思いだしてムラムラしました。

もし私も彼氏ができたら、夜まで学校の中に隠れていたいです。

そしてみんながいなくなったら、彼氏と教室でラブラブしたいです。

そして教壇の狭い中に隠れながらタッチングをして、洋服を着たままエッチしたいです。

なぜなら、洋服を脱いでしまうと先生に見つかった時に、言い訳ができないからです。

そして狭い空間で、洋服を脱げないからこそ、興奮すると思います。

高校生の時はそんな事を考えていました。

しかし教室に、そんな遅い時間まで残ってるなんて勇気がある事はできずに卒業してしまいました。